TAC HITECHWOOD GROUP

環境・社会活動

人が存在する、すべての住空間をプロデュース

集成材、建材、家具などの製造・販売・卸にとどまらず、総合的な住環境プロデュースもタック・ハイテクウッドグループの使命。

高齢化社会を見据えたバリアフリー対応製品の開発、人と自然に優しい製品づくり、リサイクル素材(MDF)の活用など、グル ープ各社が一つになって未来のアメニティづくりに挑戦しています。

住まいやオフィスにとどまることなく、人が存在するすべての空間をプロデュースしたい。タック・ハイテクウッドグループは掲げた目標に向かって着実に歩んでいます。

シックハウス対策

シックハウスの主原因といわれるホルムアルデヒドをはじめ、厚生労働省の定めたガイドライン指定13物質(VOC)の指針値を、ハイテクウッドの製品はすべてクリアしています。また、ホルムアルデヒド放散量の規格においては、最高等級のF ☆☆☆☆に適合しています。

バリアフリー対策

ハイテクウッドは、車イスでの移動や介護者補助のため、十分な開口スペースの確保や段差3mm以下対応など、バリアフリーに配慮した製品開発を行なっています。また、手すりやハンドルなど、お年寄りやお子様に優しい製品を数多く取り揃えております。

品質向上と環境の保全への取り組み

ハイテクウッド株式会社の本社工場(秋田)はこれまでの取り組みが評価を受け、「内装ドア、クローゼット、間仕切戸などの主力製品、その他関連製品の製造」に関して2004年6月に国際規格である、品質マネージメントシステムの「ISO 9001」、環境マネージメントシステムの「ISO 14001」の認証を同時取得しています。

意志を一つに、未来へアクション

タック・ハイテクウッドグループでは今後、経営・組織再編、徹底的なコスト管理で合理化を推し進め、「さらなる生産性の向上」を目指します。これにより、お客さまや社会にとってより有益な価値を創出できると考えます。もちろん環境への配慮・対策も、現在にも増して積極的に取り組んでいかなければなりません。
グループ各社の意志を一つにして、より豊かで快適な住空間づくりに貢献するために、私たちは培ってきた伝統に甘えることなく、常に未来を見据えたチャレンジを続けます。